2013年04月29日

13 神奈川の川を下る(酒匂川1◆133本目)

水位:0.13m(鮎沢) 0.17m(松田) 0.23m(平山) -0.55m(谷ヶ)
気温:19℃(小田原) 天気:晴れ 区間:河内川出合〜山北(安戸)堰堤(約5.1km)
勾配:8.23‰(158m→116m) 所要時間:120分 メンバー:ソロ

 序盤から逆スイッチやらかしたため終盤までほとんど撮れてません(涙)。



 昨日も訪れた酒匂川、ようやく実際に下る機会を得ることができました。

 酒匂川は、富士山(標高3,776m)の東南麓を水源とし、神奈川県山北町谷ヶで河内川を合わせ、足柄平野を南東へ流下して小田原市酒匂にて相模湾に注ぐ、酒匂川水系の二級河川です(幹線流路延長46km,流域面積582ku)。静岡県内では鮎沢川とも呼ばれます。

 酒匂川は「二級河川」です。一級河川と二級河川の分類基準は河川法に記載があります。一級河川とは「国土保全上又は国民経済上特に重要な水系で政令で指定したものに係る河川で国土交通大臣か指定したもの」、二級河川とは一級河川「以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で都道府県知事が指定したもの」。
 といっても何のこっちゃ分からんので、ひとつの切り分け方として、二級河川は水源から河口まで同一の都府県にあるものと思っていました。兵庫県の武庫川、市川、矢田川然り、和歌山県の有田川、日高川、日置川然り。

 しかしこの酒匂川は、静岡県と神奈川県を跨いで流れてるんですよね。そういう意味でも興味を引く川でした。大規模な水系には管理区が河川整備計画なるものを策定していて、河川情報や流域概要など参考にすることが多いんですが、酒匂川の場合、両県どちらからもネット上では見当たりません。統合的な防災対策とかどないしてんでしょうね。

 さて、今日は珍しく家族同伴なんで、回送はお任せ。プットインは、昨日川遊びした河内川出合から。出発は9時35分ごろ。

130429sakawa01.jpg

 峰発電所から、本川の鮎沢川の水を放流してます。最大なんと16.5トンとあります。根こそぎ取ってますね。
 ザラ瀬を快適に下っていくと、今度は左岸側に嵐発電所があります。
 これは河内川の水を放流してます。最大8.35トン。
 最大約25トンを加え、本来酒匂川を流れる水量に戻ったわけですが、すぐ下流の山北発電所取水堰でまたごっそり持っていかれます。最大20.9トン。差し引き、3.95トンしか残らない計算となります。

 その山北発電所取水堰を越えていきます。ラバーゲートになってますね。なんか怖いっす。

130429sakawa02.jpg

 堰堤以降カツカツになった川を大きく左にカーブすると、左岸側から大量の水が流れ込んでいます。支流も発電所もないんで、余水吐と思われますが、かなりの水量です。取水しといて即大量に戻してんの? 仕組みが分かりません。また、常時そうなのか、時期限定なのかも謎ですが、いずれにせよ水量は倍増。おかげで大分下りやすくなりました。

130429sakawa03a.jpg

 長坂橋の手前で先の見えない瀬が登場。
 この区間最大の瀬です。岩絡みっぽいんでボートを下りて下見。

130429sakawa04.jpg

 落ち込みに岩があって、コースが取りづらい。うーん、右岸寄りから左斜めに落ちて岩を避けるのがベストかな…。
 結果はうまくいきました。意外と面白い川ですやん。こういう類の瀬は期待していなかったんで、すごく嬉しくなります。

130429sakawa05.jpg

 若干川くさいですが、意外と水もキレイやし、国道沿いですが、山峡区間らしく山も崖もすぐ側まで迫っていて、いい雰囲気出てます。ひょっとしてひょっとするとこの川、当たりかもしれない。

130429sakawa07.jpg

 平山の集落付近に至ると、左岸側の岩壁に横一線にくり抜かれたような穴がありました。甌穴…? と思って近付くと、人工物くさい。昔の街道跡か、もしくは水路跡か…?
 気になってたんで帰宅後に調べると、正解は18世紀後半に掘られた水路跡だと分かったんですが、こういう遺物のルーツを調べるのもなかなか楽しいです。

130429sakawa06.jpg

 さらに漕ぎ進むと衝撃的な場面に。

130429sakawa08.jpg

 ショッキ! 一気に濁流になってもた…。これまでのウキウキ気分から、一気に奈落の底まで落とされた気分。そういえば昨日も足柄橋付近から眺めた時にえらい濁ってたんで気になってたんですよね。発電放流のせいかなと思ってたんですが、原因はこれやったんか…。
 ただ、まだ工事は始まったばかりみたいで完全に濁り切ってはいません。これは、追い越せるんちゃうかと全速で漕ぎ進むと、またもとの透明度に戻ってきました。

 ほっと一息ついたのも束の間、なんとまた一台ユンボが入ってますやん…。しかも今度は川のど真ん中で川底の石をいじくってます。こちらの存在に気付いて動かしてもらえたんで通過はできましたが、下流は無残なものでした。

130429sakawa09.jpg

 しかしこれで終わりではありませんでした。
 新樋口橋の直下、巨大な砂防堰堤が行く手を阻んでました。

130429sakawa10.jpg

 しもた…。事前に地図で存在は認識してましたが、下見するのすっかり忘れてました。まあ何とかなるやろと軽く考えてたんですが、甘かった。
 高さは6mくらい。赤濁りのため水深不明。そもそもラナがいるし飛ぶという選択肢は使えない。魚道もなし。左岸に車道に上がれる道がありますが、直角ツルツルのコンクリ壁をハシゴで登るタイプなんで、これまたラナが自力では登れない。私一人で約30kgある彼女をロープで吊り上げるのはかなりキツい。

 ということで、ここで上陸は諦め、別のテイクアウト地点を求めて遡上することにしました。
「通らず」のないところでよかったです…。

 無事、車道に上がれたのは11時半過ぎ。疲れたー。
 予定時間を大幅にオーバーしてしまい、待ちかねた家族は「洒水の滝」を見にいってました。私もお目にかかりたかったんですが、おかげで機会なし。

 もともと期待値の低かった川ですが、意外とキレイやし眺めもいいし面白い瀬もあるしでテンション急上昇。しかし終盤濁流となり、砂防堰堤に行く手を阻まれるしで急降下。グラフにすると、ちょうど富士山みたいな感じになったかと思います。( ;´Д`)

 テイクアウト地点は要再考ですね。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 02:00| Comment(0) | 関東>酒匂川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

【下見編】酒匂川 再訪

水位:0.13m(鮎沢) 0.17m(松田)

 いよいよGW突入…でしたが、川太郎が38.5℃の発熱をかまされまして、初日は看病で終わってしまいました。平日がんばって、発熱は土曜日って、サラリーマンの鏡みたいである意味えらいけどね。おかげさまで熱は半日で下がりました。
 さて、二日目の本日は、子どもたちを連れて療養がてら秦野のスーパー銭湯「湯遊三昧 湯花楽」に浸かり、その後ついでに酒匂川に寄ってみました。

 すっかり平常水位に戻ってしまいましたが、なんとか下れそう。そして、なかなかの透明度。石灰系混じりかな? ちょっと青みがかってます。

130428sakawa01.jpg

 峰発電所(河内川出合)から山北発電所取水堰でごっそり取水されるまでの区間は、非常に短いながらも本来の豊富な水量を湛えています。出合付近にちょうど入川道があったので、川遊びすることにしました。

130428sakawa04.jpg

 といっても泳ぐにはまだまだ早いので基本は石投げ。

130428sakawa10.jpg

 放っておいても子どもたちは勝手にいろんな遊びを見つけて楽しんでいるようでした。

130428sakawa13.jpg

 帰りは東名高速で15kmの渋滞にはまりましたが自宅までの所要時間90分。
 もし明日、時間が作れるようであれば下ってみたいなあ。

ニックネーム ラナ父 at 17:04| Comment(0) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

【下見編】ご近所探訪 東名沿い

 ご近所の名川探しで有望株は狩野川水系と富士川水系ですが、実はもう一つありました。

 酒匂川水系。

 神奈川県在住期間も6年が過ぎ、それなりに愛着も湧いていながら、実は神奈川県の川を1本も下ったことがありません。ということで県下2番の規模を誇る酒匂川水系について調べてみました。

 酒匂川水系は、4年前の2009年5月にも一度下見をしたことがあります。当時はアカンやろという結論でしたが、4年経った現在ではどうか? 改めて現地に訪れることにしました。

■中津川(酒匂川水系)
水位:0.11m(川音)

 最初に向かったのは川音川。仕事関連で御殿場方面に行くことがあるのですが、小田急の渋沢〜新松田間で見ることができます。流量は少ないですが、けっこうキレイな水なので、気になっていました。
 ただ地図を見たところ、支流の中津川の寄地域周辺が車道から離れていていい感じなので、ターゲットは中津川にしました。中津川といえば相模川水系にもあって紛らわしいんですが、実は酒匂川水系にも存在してます。この中津川と本川の四十八瀬川が合流して川音川となります。

130421nakatsu04.jpg

 水量は、ギリギリいけそうですが、激しく濁ってました。こらあきません。また、プットイン予定地が管理釣り場。地図では下流に道があるんですが、もし使えるのなら管釣り終点までハイクアップかな。とりあえず濁りのない、清冽な流れのときに再訪したいです。

■酒匂川
水位:0.47m(鮎沢) 0.44m(河内) 0.39m(松田)
累加雨量:61mm(須走)

 4年前の下見では堰堤だらけでアカンやろと思ってましたが、JR御殿場線の車窓から何度か眺めたところ、谷峨〜山北の山峡区間は水量も意外とあって実は下れんのちゃうん? とかねてより思っていました。その割に今まで訪れなかったのは、山峡区間とはいえ川原がでかくてザラ瀬しかなさそうなのと、あまりキレイでなくて、それほど魅力を感じなかったため。あと、このセクションを誰かが下ったという話をまったく聞いたことがないのも気になるところでした。

 実際現地に着いてみると、ここもダクダクの赤濁り。水量的には面白そうですが…。
 それにしてもちょっと降ったくらいでここまで濁るか? と思って雨量計を調べてみたら、上流では60m以上とけっこう降ってたみたいですね。まだ増える可能性もあるんで、結局ここもパス。

130421sakawa11.jpg

 ここも濁りが取れたときに行ってみよう。

130421sakawa13.jpg

 プットイン候補地は谷峨の山北発電所取水堰付近。入川道はありそうでいてなかなかありません。

130421sakawa22.jpg

 次どこ行こうかな…。

130421sakawa23.jpg

 もう一つ気になっていた支川狩川にも立ち寄ってみましたが、ここは川の規模が小さすぎてNG. もう一つ、めっちゃ気になってた川に向かうことにしました。

■黄瀬川
水位:0.47m(中央橋) 1.10m(石脇) 0.59m(花園橋)



 1 岩波 富士見橋
 2 岩波 永続橋
 3 御宿 右岸
 4 野添橋下流石脇付近左岸
 5 千福交差点東の橋(無名)下流左岸
 6 五竜の滝

 富士山を挟んで南側に出ると、黄瀬川(狩野川水系)が流れています。ここも4年前に修善寺に遊びに行った帰りに初めて目にして以来気にはなっていたものの、誰からも下ったという話を聞いたことがないため放置されていました。
 最近改めて調べてみると、黄瀬川一帯は「三島溶岩流」に絡んだ滝がいっぱいあるらしい。

 とりあえず、鮎壷の滝と並んで有名な五竜の滝へ行ってみました。

130421kise07.jpg

 すげ。

 コース設定が難しいところですが、GoogleMapの航空写真を観ると、瀬になっているところがよく分かります。だいたい右支川西川との出合あたりまでを目標にして遡上していくことにしました。

 五竜の滝上流の瀬。
 ふはっ。ここまでスゲー川とは思いませんでした。

130421kise11.jpg

 石脇付近。
 はー。
 ため息しか出ません。

130421kise18.jpg

 御宿付近。
 こら、オーバースキルやなあ。せっかく大当たり引きましたが、自分の技量ではソロは絶対ムリです…。

130421kise26.jpg

 岩波付近まで来ると、周辺はフツーの住宅地なのに、渓谷チックな雰囲気になってきます。

130421kise34.jpg

 これまたすごい。

130421kise39.jpg

 裾野IC付近まで遡上して終了。

 今日は最後に見た黄瀬川のインパクトが強すぎました。こんなすんごい川がご近所にあったとは…。いつかチャレンジしてみたい。とりあえず、平水時にもう一回見にいこうかと思います。

 あと、酒匂川、黄瀬川に共通していることとして、源流部が御殿場の高原地帯になるんですが、都市部なんで雨が降ると急激に増水します(減水も同様)。しかも濁りもかなり激しい。下るときには御殿場周辺の雨量をこまめにチェックしておく必要がありそうです。


ニックネーム ラナ父 at 10:39| Comment(0) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

12 天城の宝石(狩野川1◆132本目)

水位:1.27m(嵯峨沢橋) 気温:16℃(三島) 天気:晴れ
区間:西平橋〜柿木川出合(約6.8km) 勾配:12.94‰(174m→86m) 所要時間:90分 メンバー:ソロ

 ラナ、120本目となりました!



 土曜日、自由時間をいただきました。
 この雪解けハイシーズンにかれこれ一ヶ月も漕げなかったので、今日はこそは漕ぎたい。しかし、行き先がなあ…。今回も近場限定なので選択肢が少ない。先週大雨が降りましたが、どこもほぼ落ち着いてしまったみたいですし。

 狩野川は…? 水位計が欠測になってて不明でしたが、静岡県のサイトから確認できました。嵯峨沢橋1.27mあります。ちょっと少ないかもと思いつつ、現地に向かう。

 狩野川は、静岡県伊豆市の天城連山八丁池(標高約1,170m)付近を水源とし、修善寺川(桂川)、大見川、黄瀬川などの支川を合わせながら沼津市において駿河湾に注ぐ一級河川です(幹川流路延長46km,流域面積852ku)。

 狩野川を初めて目にしたのは、河津七滝に行った2009年。ただ上流は水少ないなー、という印象でした。あれから4年。事前の情報収集段階では、翼さんに紹介してもらったホムペを参考にさせていただきました。
 すげ。我がバイブル『川地図101』ばりにめちゃめちゃ詳しいですやん。おかげで随分と効率的に動けました。

 まずはプットイン予定の湯ヶ島温泉へ。

 おわー、すげ。何この透明度。最高クラスですやん。

130413kanogawa13.jpg

 狩野川本川の本谷川は水カスカスですが、支流の持越川の流量がかなり豊富。そう、川下りできるくらいに…。こら、下見しないわけにはいきません。

 ここら一帯は世古峡というらしいです。

130413kanogawa10.jpg

 川沿いに道がありますが、例によってほとんど見えない。また、意外と距離が短いんで、引き続き狩野川も下ろうかと考えていたところに問題発生。
 本谷川との出合直下に堰堤がありました。四苦八苦してアクセスを試みましたが、うまくいかず。右岸沿いの「湯の道」から遠目で観察した限りでは、直前の上陸不可。ポーテージは難しそうです。

130413kanogawa15.jpg

 ちなみにこれも地形図には載ってなかったんですよねえ。3mはたぶん越えてると思うんですけど。笛吹川の一之釜もそうでしたが、やはり地形図に絶対の信用を置くのはあかんのかな…。

 堰堤直下の川相もかなり好みなんで、入川道を探し回りましたが発見できず。そうこうしているうちに時間がなくなってしまったんで、結局西平橋の下流からプットインすることにしました。

 回送は当然徒歩になりますが、シューズがフルドライだとかなりキツくなる。今回7kmくらい歩いたんで、見事靴擦れ起こしてしまいました。小指の皮ズル剥け。足引きずりながら歩いたんでしょっぱなから息切れ気味です。しかも追い打ちをかけるがごとく、ポンプが根元からバキッと折れてしまいました。裂け目に沿って手で抑えつけながらゆっくり押すと、なんとか注入は可能でしたが、神経を使うのでさらに疲れました。

 そんなヨレヨレの状態でしたが、10時45分ごろスタート。

 序盤は渓谷相の名残を留めており、ドロップが連続。

130413kanogawa(1).jpg

 陽光を受けて蒼く佇む水は美しいの一言。浮かんでいるだけで、今までの労苦が報われる気分になります。ちなみに水源付近の八丁池は「天城の瞳」と呼ばれるようです。狩野川は天城の瞳から流れ落ちた涙。その輝きは宝石のようです。

130413kanogawa(2).jpg

 鈴ヶ淵橋を境に川相が変化。
 ここから一気に里川ふうのそれになります。何か久しぶりな感じ。最近、渓谷部ばっかり下ってたからでしょうね。
 懸念していた水位は、時折底を擦る程度で問題ありませんでした。両岸から流れ込みがどんどん入ってくるんで、下るにつれて目に見えて水量が増えていきます。雰囲気は、どことなく長良川を想起させますね。そこそこ長く波が高い瀬が定期的に出てくるので面白い。

130413kanogawa(3).jpg

 田沢橋を通過。アヒルがいます。ラナが本能発現して追いかけようとしましたが、あっという間に逃げられる(^o^)
 この先は川筋が二又に分岐していました。視界の良い右岸側を選択しましたが、失敗でした。浅すぎるためライニングダウン。下流側から左岸側の流れを覗いてみると、おっ、何やら楽しそうな瀬がありますやん。

130413kanogawa(4).jpg

 せっかくなんで、担ぎ上がって下ってみました。気持ちいい!

130413kanogawa(5).jpg

 月ヶ瀬の裂け目。どこまで続いてんやろ? 入ってみたい…とは思いません。狭いところ苦手なんで(^o^)

130413kanogawa(6).jpg

 下船原の瀬。これもテンポよく下れます。瀬のラストに流れが集中していてけっこうな迫力。気持ちいい〜!

130413kanogawa(7).jpg

 次は雲金橋上流の瀬。周囲は岩場で、断続的に瀬が続いてます。下見時にイメージしてたほど落差がなく、意外とあっさり下れました。

130413kanogawa(8).jpg

 12時15分ごろゴール。

 期待以上の美しさに大満足でした。天城連山が生み出す奇跡の宝石ですね。初めてでしたが、冒頭のとおり事前に詳細情報が得られたのと、基本ドロップ&プール型で険悪な瀬もなかったのとで終始リラックスして下ることができました。振り返ってみると、初めて臨む川は心臓バクバクさせながら下るものばかりだったんで、久しぶりにツーリング気分を楽しめた気がします。

 釣り竿もところどころ出ていましたが、みなさん気さくに挨拶していただき、不快な思いをすることはありませんでした。ただ川相が鮎釣り向きなんで、おそらく6月の鮎解禁以降はダメでしょうね。この川の鮎は美味しいやろなあ。

 狩野川水系は支川も豊富です。黄瀬川を筆頭に、柿田川、大場川、修善寺川(桂川)、大見川、そして今日見てきた持越川と、興味をそそられる支流がたくさんあります。機を見て徐々に開拓していきたいです。

 帰路は沼津経由ではなく、初めて箱根越えルートを通ってみました。この界隈でもいい川見つからへんかなー。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 10:31| Comment(4) | 東海>狩野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

【下見編】笛吹川 再訪



 爆弾低気圧襲来。まとまった雨は久しぶりです。関東地方の降りっぷりを把握したかったんで、ご近所(約100km圏内)で気になっている狩野川水系と富士川水系の降雨量をチェックしてみました。

 ■塩川 増富 46mm

 ■笛吹川 三富 24mm

 ■狩野川 湯ヶ島 115mm

 ■黄瀬川 御殿場 131mm

 伊豆がすごい量降ってますね。ただ、現在最も気になってるのは、前回(先々週)下見した笛吹川。その後、清水渓谷について調べていたら、なんと「一之釜」という滝があるらしいではないですか。

 えっ、支川やなくて本川? マジ? 全然気付かんかった…。だって地形図に滝のマークなんてなかったし。天科発電所から下ろうかと思ってたから、もしやってたら死んでましたね。ははは。

 つーことでやってきました笛吹川。しかーし、今回は奥さん体調不良につき自宅療養中。子どもたちと一緒なんでNo Kayak. ただの観光でした。

 「さあ、ショータイムだ!」

130407fuefuki05.jpg

 「さあ、ランチタイムだ!」
 ※注:お祈りではありません

130407fuefuki06.jpg

 吊り橋から雌滝(二之釜?)が見えます。落差的にはいけそうですが、コースが取りづらそう…。

130407fuefuki08.jpg

 吊り橋を渡って左岸へ。

 「宇宙、キタ━(゚∀゚)━!」

130407fuefuki11.jpg


 でも締めはやっぱりこれですよね。

130407fuefuki13.jpg


 20mm以上降って、広瀬ダム流入量はピークで15tくらいに上昇していたんですが、ダムの放流はいっさいなかった模様で流量は思ったほどありませんでした。発電放流量は増加していたんですが、柚ノ木発電所までの区間で川への放流はなさそうです。
 ちょっと降ったくらいでは下れない。でも、この流量でそこそこ濁りが入ってしまっている。下るのはけっこう、厳しいかも…。

130407fuefuki24.jpg

 下見終了後は道の駅まきおかへ。大きな公園があります。雨も止んで、青空が広がってきました。

130407fuefuki31.jpg

 ラナは腐ってました。そういやもう一ヶ月くらいカヌーしてないもんな。

130407fuefuki35.jpg

 いやー、二人とも楽しそうでした。滝なんか観に行くより、公園のほうがずっと楽しいよねえ(笑)。

130407fuefuki38.jpg


ニックネーム ラナ父 at 09:47| Comment(0) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする