2013年09月30日

【番外編】2013年3/4期を終えて

 昨年末時点で漕破総数は129本(ラナ117本)でした。さすがに今年こそラナと一緒に漕ぐのはダメになるかもと思ってましたが、明らかな老化の兆しは今のところ白内障(Nアセチルカルノシン点眼薬で治療中)くらいでまだまだ元気。

130922 ohashi03.jpg


 ◆年始の設定目標

 ・漕行日数:40日以上(実績2011年:32日,2012年:35日)
 ・初めて下る川の本数:15本(2011年:5本,2012年:23本)

 ◆9月末時点の進捗(達成率)

 ・漕行日数:37日(92.5%)※月間平均4.1日

 ・初めて下る川の本数:14本(ラナ16本)(漕破総数:143本(ラナ133本))(93.3%)。

  1Q… 2本(ラナ 2本)
  2Q… 8本(ラナ 9本)
  3Q… 4本(ラナ 5本)

 130(118) 遠山川 (長野県  天竜川 水系)3月
 131(119) 西野川 (長野県  木曽川 水系)3月
 132(120) 狩野川 (静岡県  狩野川 水系)4月
 133(121) 酒匂川 (神奈川県 酒匂川 水系)4月
 134(122) 舘岩川 (福島県  阿賀野川水系)5月GW
 135(123) 野尻川 (福島県  阿賀野川水系)5月GW
 136(124) 滝谷川 (福島県  阿賀野川水系)5月GW
 136(125) 大 川 (福島県  阿賀野川水系)5月GW
 137(126) 鶴沼川 (福島県  阿賀野川水系)5月GW
 138(127) 白石川 (宮城県  阿武隈川水系)5月GW
 139(127) 中津川 (新潟県  信濃川 水系)6月
 139(128) 四万川 (群馬県  利根川 水系)6月
 140(129) 柿田川 (静岡県  狩野川 水系)7月
 140(130) 気田川 (長野県  天竜川 水系)8月
 141(131) 東大芦川(栃木県  利根川 水系)9月
 142(132) 黒 川 (栃木県  利根川 水系)9月
 143(133) 笹間川 (静岡県  大井川 水系)9月
  ※( )内はラナの漕破本数

 漕行ペースは数年ぶりに上昇。漕破総数も順調に稼いでますんで今年はこのままいけば久しぶりに目標達成できそうですね。

 ◆総括

 ラナは10歳と10ヶ月を過ぎました。肉体年齢は人間換算で80歳オーバーなんで、フツーに考えたら一緒に川下りできるはずがないのに、少なくとも表面上は今までと変わらない。ただ、いつ終わりを迎えるか分からないという危機感は去年と同じで、今年が最後という気持ちがモチベーションとなってます。夢の「通算200本」はムリでも、150本くらいはいきたいなあ。

 ◆分析

 昨年末に奥さんの転勤でようやく家族が一堂に会したので活動領域は再び関東中心にシフトしました。プラス、川太郎と川次郎がそこそこ大きくなって、家族みんなで下る「ファミリーカヤック」の機会が増えたことが今年の大きな特徴でしょう。

 ここ関東の特徴は「広い」。北毛、日光、足尾、秩父、奥多摩、丹沢、さらにちょいと足を伸ばせば会津、中越、駿河まで。
 そして、やはり春先の「雪解け」の影響が大きい。GWは会津で随分と充実した日々を送ることができました。
 夏以降は関西と同じ雨待ちですが、今年は異常なまでに雨が少ない+休みのタイミングが合わず、ほとんど動けませんでした。また、「広い」せいで土地カンがまだ掴めてないんですよねえ。雨の降り方とか、水の増え方の傾向とか、その情報の取り方とかまだまだ未熟です。


ニックネーム ラナ父 at 21:28| Comment(0) | 【番外編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

【番外編】多摩動物公園

 ご近所の多摩動物公園に行ってみました。たまにはフツーのおとうさんっぽいこともするんですということで。
 ※ラナはお留守番です。

 まずは「昆虫はかせ」川太郎さんメインの昆虫館。

130929 tama 2013-09-29 12-30-05.jpg

 生態園は蝶の楽園。マジすごい。
 「バネハチョウ」が乱舞してます。
 ※「アゲハチョウ」を子どもたちは最近までそう発音してました。

130929 tama 2013-09-29 13-00-32.jpg

 まあお約束です。そのうちやってくれなくなるんやろなー。

130929 tama 2013-09-29 13-05-19.jpg

 アフリカ園まで移動してライオンバスに乗る。迫力あります!

130929 tama 2013-09-29 13-32-47.jpg

 サービス精神旺盛なライオンさんです。ちなみにこの子以外は完無視で寝転がってます。

130929 tama 2013-09-29 13-35-30.jpg

 だいぶ秋めいてきたとはいえ、今日は天気も良くて暑かった。台風18号以降はもう、セミの鳴き声を聞くこともないやろと思ってましたが、久しぶりにミンミンゼミとツクツクボウシの鳴く音を聞いて、なんだかうれしい気持ちになりました。

130929 tama 2013-09-29 13-52-29.jpg

 半日では全然回りきれませんでした。わりと安いし、電車で行けるし、冬場なんかここ通うのいいかもしんまい。


ニックネーム ラナ父 at 05:26| Comment(0) | 【番外編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

37 大井川水系探訪(笹間川1◆143本目)

水位:不明 気温:23℃(川根本町) 天気:快晴 区間:石上橋〜日向(約4.8km)
勾配:9.58‰(262m→216m) 所要時間:75分 メンバー:ソロ



 週後半に到来した台風20号が空振ったおかげで、増水祭は終わってしまいました。超久しぶりのソロ活動が許された日だったんですが、惜しかった。ダメ元で先週末候補に挙げてた大井川水系でも行ってみるかなあ。気田川犬居で0.34mとまだ20cmばかし水位高いんで、一縷の望みは残ってます。

 ということで新東名静岡SAスマートICを下りて藁科川、黒俣川沿いに遡上して清笹峠を越え、川根は笹間の地へ。自宅からの所要時間は約3時間。

 笹間川は、高山(標高1,095m)を水源とし、笹間川ダムを経て島田市川根町抜里で大井川左岸に注ぐ大井川水系(1次支川)の一級河川です(幹川流路延長15.5km)。

 まず下見からスタート。
 水量は、微妙でした。決行すべきか判断に迷う。やや青白く濁りが入り、川原の草もなぎ倒されたままで増水の名残を感じさせはしますが、おそらくはだいたい落ち着いてしまっていると思われます。

130928 sasama 2013-09-28 8-26-08.jpg

 栗原地区から、笹間川ダムバックウォーターまでクルマを走らせる。沢の水が続々と流入して、日向地区あたりまで至れば水量は倍増しており、下流域はなんとか漕げそうではあります。うーん…。

130928 sasama 2013-09-28 8-47-45.jpg

 大井川は、流路に比して流域面積が小さいという特徴があります。これは支流が少ないということで、ここがダメなら候補は伊久美川くらい(寸又峡は2008年に下見済)。その次は気田川支流の杉川に移動するつもりでした。
 しかし、杉川まで移動してたら間違いなく漕ぐ時間はなくなる。下見オンリーの日として情報収集に徹するか、ガリガリ底を擦りながらでも漕ぐか。

 さんざん迷いましたが、選んだのは後者。コースは日向橋手前の名無し橋をテイクアウトに、そこから約4km上流の石上橋をプットインに設定しました。地形図を見ると石上橋下流で大沢という支川が左岸に流入してるし、この先ならなんとかなるかなと。

 出発は9時50分ごろ。帰り道の渋滞回避を考えると、11時くらいには終わらせたい。

 しかし見立てはだいぶ甘かったようで、大沢出合以降も底を擦りまくり。車道から下見した際はなんとかなると思ったんやけどなあ。逆に軽くいけるやろと思ってめちゃめちゃパワーウォーターやったことも多々あるし、なかなか上手くなりません。

 しばらくフネを蹴飛ばしながら川歩き。ここは潔く下見に徹するべきだったか…。

130928 sasama 2013-09-28 9-59-05.jpg

 おや? と思ったのは竹島地区に入ってから。右岸の山塊が一気に迫ってくるあたりで川相が変わる。岩盤系! 岩ゴロゴロと異なり、水が集まって逃げないので劇的に下りやすくなる。
 苦行に近かったダウンリバーが、一気に楽しめるようになってきました。雰囲気も素敵やし、落ち込みがテンポよく続いてます。

130928 sasama 2013-09-28 10-20-59.jpg

130928 sasama 2013-09-28 10-25-23.jpg

 三並の高橋を境に勾配はガクッと落ち、以降はダラダラ流れていく川相に変わってしまいますが、このあたりまで下ると水量はだいぶ改善されていて、一応ライニングダウンなしに下れる。この雰囲気やとダムまでもう核心部はないかな…。もう充分満喫できたし、残された時間もないしで、予定どおりのテイクアウトポイントで上陸。時刻は11時5分ごろとほぼ目標どおり。

130928 sasama 2013-09-28 11-04-31.jpg

 下ってきた道を、40分ほどかけて徒歩回送。道中ヘビの赤ちゃん発見しました。

130928 sasama 2013-09-28 11-23-14.jpg

 12時20分ごろ出立。残念ながら他の川を下見する時間的余裕はもう残されてません。今度は大井川沿いに下りて、島田金谷IC経由で15時過ぎに帰宅。渋滞皆無でした。二度の三連休の後の休日だからみんな休んでんすかね?

 快適に下るにはあと20cm,石上橋より上流セクションはあと30cmくらいは水深が欲しい。ダメ元で行った割にはかなり楽しめたとは思いますが、やはりもう一回、増水時にやってみたいです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:27| Comment(0) | 東海>笹間川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

36 3年ぶりの前日光遠征 2日目(黒川◆142本目)

水位:1.08m(府中橋) 気温:17℃(鹿沼) 天気:曇り
区間:山口橋〜林道入口(約3.1km) 勾配:13.55‰(314m→272m) 所要時間:75分
メンバー:後輩1号&川太郎&川次郎(回送)



 あまり寝付けず夜を過ごす。

 奥さんの体調次第で早朝帰宅も考えてましたが、結局漕げることになったんで、夕方にチラ見した黒川へ再び向かう。

 黒川は、滝ケ原峠(標高831m)を水源とし、行川などの支川を合わせ、栃木市大光寺町にて思川左岸に注ぐ利根川水系(3次支川)の一級河川です(幹川流路延長43.7km)。

 黒川流域に一晩で降った雨量(東小来川 ひがしおころかわ)はちょうど20mmで、観測所水位は昨日比10cmアップ。だいたい金曜日くらいの水位に戻った感じです。この点では超ラッキーでした。

 大原堰堤のちょっと上流、日光と鹿沼の境に北に伸びる林道付近をテイクアウトに設定、プットインは、東黒川出合からちょっと下流の山口橋に設定しました。車道距離でだいたい3kmちょい。個人的にソロで下るにはちょうどいい距離です。
 こうやって区間からすべて自分で決めてたった一人で下るのってすごく久しぶりな気がする。昨晩あまり眠れなかった分、地形図は充分読み込めましたが、現地下見に時間をかけられなかったのでけっこうドキドキします(地形図は滝や堰堤をすべて網羅できているわけではないので)。

 スタートは8時ごろ。ちょっと肌寒い。

130923 kurokawa 2013-09-23 7-19-08.jpg

 しばらくは車道から見えなかった区間。警戒はしつつも基本癒し系なのでまったりと流されていく。

130923 kurokawa 2013-09-23 8-10-40.jpg

 昨晩けっこう降ったのに、この川もまったく濁りがない。たぶん山がいいということなんやろけど、周囲の針葉樹林を眺めても他の地域と何が違うのか分からない。前日光マジック。

 前方が岩で塞がれている。核心部です。

130923 kurokawa 2013-09-23 8-27-24.jpg

 下見してルートの再確認。いけそうですが、老犬ラナさんはお供しないほうがよさそうと思い、ラナさんだけ上陸させて下る。

 核心部下流のスロープで車道待機のラナさんと合流し、続行。
 あとは清流園の直下くらいかなと思ってたら、全然そんなことはなかった。左にカーブしたところに大きな落ち込み。ボートスカウティングでログがないのを確認してから下る。ふい〜。こんなんばっかりやと1時間では終わらんな。大丈夫かな…。

130923 kurokawa 2013-09-23 8-40-34.jpg

 つぎ、やって来ました清流園。

130923 kurokawa 2013-09-23 8-52-02.jpg

 ここは右岸に上陸して下見します。

130923 kurokawa 2013-09-23 8-48-00.jpg

 …せまっ。
 両岸壁に挟まれ極端に細まった流れのど真ん中に岩があります。車道から下見した際はなんとか避けられると見てたんですが、間近で見るとどうもムリちゃうかなと。うーん、やめとこ。

 右岸からポーテージを試みましたが、これが判断ミスでした。崖を下り、カウテールに繋いでフネを出したはいいですが、流速が強すぎてフネがぐるんぐるん暴れてます。焦りは禁物。諦めてカウテールを引っ張り、再び瀬の上流に戻る。
 左岸のポーテージもやはり狭くて難しそういうことで、また車道まで上がりました。瀬の下まで巻いて、再プットイン。疲れた。

130923 kurokawa 2013-09-23 9-03-56.jpg

 あとは癒し系? と期待してたんですが、あれあれまたヤバそうな瀬が。落ち込みの先が見えないんで一応下見しとこうとまた上陸。

130923 kurokawa 2013-09-23 9-06-22.jpg

中央がけっこうでかいホール。見といてよかった。左岸ベタから回避かな…。あとにも続いてますが、あれはなんとかなるでしょう。
 ここは確実に回避ルート取れるという前提でラナさん連れてGO!

130923 kurokawa 2013-09-23 9-07-29.jpg

 この先にももうひとつ、岩だらけの瀬がありましたが気合で乗り越える。その後、ようやく落ち着いてきました。

130923 kurokawa 2013-09-23 9-18-19.jpg

 9時15分ごろゴール。約3kmを約75分。初めての川でバンクスカウティング3回ならまあこんなもんでしょう。

130923 kurokawa 2013-09-23 9-18-23.jpg


 感想は、かなり「当たり」でした。期待以上。昨晩の雨で水量が持ち直したのがよかった。
 大芦川よりメリハリが効いてて、ひとつひとつの瀬の落差、難度は黒川のほうが上に感じる。川相も、大芦川のような開けた感はなく、山岳渓流っぽくて素敵でした。テトラもないしね。大原堰堤下も下れるのかなあ。また機会を作って下見してみたい。
 思川の圏域は、私好みの中規模渓流が多く、地元関西近辺と規模感が似てます。思川本川や行川など、探せばまだいいのが見つかりそうなんで今後が楽しみな地域です。雨が降ったらまた行こうっと。

 帰路は首都高で若干渋滞に巻き込まれましたが、昼過ぎには帰宅できて、近所の温泉浸かりにいきました。やっぱこっちはキャンプして翌朝早めに帰るスタイルがええですね。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:44| Comment(2) | 関東>黒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

35-1 3年ぶりの前日光遠征 1日目(東大芦川◆141本目)

水位:0.29m(御幣岩橋) 気温:27℃(鹿沼) 天気:曇り
区間:馬返し堰堤下〜西大芦川出合(約0.9km) 勾配:18.89‰(389m→372m) 所要時間:25分
メンバー:Actonさん、へたっぴカヤッカーさん、元ヤンさん、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)

 全国的に大きな被害をもたらした台風18号襲来から一週間。まだ、増水の影響が若干残ってます。なんだかまとまった雨の後に漕ぐのはずいぶんと久しぶりのような気がする。4月の狩野川以来でしょうか。それくらい、今年は雨のチャンスに恵まれませんでした。それだけに今週末はなんとか…という思いが強かったんですが、幸いにして日月の二日間、漕がせてもらうことができました。

 行き先候補は、自宅から約200km内で抽出。

 ■前日光思川圏域…東大芦川は下見済み。近辺に思川、黒川、行川など気になる川も複数あり。最有力候補。

 ■みなかみ…宝川は下見済み。その他照葉峡。行きたいけど、死ぬかもしれない。経験者同行が望ましい。

 ■足尾渓谷…神子内川、庚申川など。未踏の地のため、下見にかなり時間がかかりそう。家族連れには不適。

 ■吾妻渓谷…ダム工事開始までのタイムリミット間近だし、かなり行きたいが、これも死にそうなんで同行者がほしい。

 ■大井川水系…笹間川、伊久美川などポテンシャル高そう。これも有力候補。

 栃木か、静岡か。悩んでいたところ、奥さんのギョウザ食べたいという鶴の一声で栃木行きが決定。早朝SNSを覗けばACTONさんたちも大芦川狙いらしく、ご一緒させてもらうことにしました。

 支川の東大芦川馬返し堰堤下からプットイン。

 東大芦川は、足尾山地の薬師岳(標高1,420m)を水源とし、鹿沼氏草久にて西大芦川左岸に流入する利根川水系の一級河川(4次支川)です(幹川流路延長7.6km)。

130922 ohashi01.jpg

 極上の透明感。あの大芦ブルーは健在でした。水量はちょっと厳しめですが、まあなんとか下れます。

130922 ohashi 2013-09-22 11-08-55.jpg

130922 ohashi02.jpg

130922 ohashi 2013-09-22 11-23-52.jpg

 しばらく漕ぎ進むと右岸から西大芦川が流入。あれ? もう終わり?

 流量は似たようなもんですが、川床は東大芦川のほうが低い(=浸食力が強い)んで、こっちが本川と錯覚しがちですが、扱い上は西大芦川が本川となります。地図をみると砂防堰堤だらけでセクション設定がかなり難しそうな感じ。水質は負けじ劣らじのものを保っており、この先も劣化することなく極上の大芦ブルーが続きますが、一の鳥居の傍らにでかそうな瀬が見えます。たぶん、核心と思われます。


ニックネーム ラナ父 at 05:03| Comment(0) | 関東>東大芦川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

35-2 東大芦川つづき(大芦川1)

水位:0.29m(御幣岩橋) 気温:27℃(鹿沼) 天気:曇り
区間:西大芦川出合〜生活改善センター(約5.2km) 勾配:15.19‰(372m→293m) 所要時間:110分
メンバー:Actonさん、へたっぴカヤッカーさん、元ヤンさん、後輩1号&川太郎&川次郎(回送)

 ◆ムービー作成中!

 核心部はフネから下りて下見。
 一段目は真っ白。

130922 ohashi 2013-09-22 11-35-06.jpg

 二段目は岩が出っぱってルートが狭い。

130922 ohashi 2013-09-22 11-35-55.jpg

 結果、みなさんポーテージを判断。私だけ下りました。ラナはあまり連れてきたくないなと考え、彼女はポテ。

130922 ohashi04.jpg

 字穴橋を越えたところで休憩。元ヤンさんのフネ、底にひび割れて浸水しまくりらしい。色によって素材が微妙に異なるため割れやすい割れにくいがあるらしいですがホント?

130922 ohashi 2013-09-22 12-02-46.jpg

 水は合流後もあいかわらず感動的なまでに美しい。

130922 ohashi 2013-09-22 12-02-41.jpg

 あまりの清流ぶりのため気がつきにくいんですが、この川、実はけっこう人の手が入ってます。最初に床止め。一箇所、見えにくい場所にあって突っ込んでしまい、ちょいヤバな目に遭いました。

130922 ohashi 2013-09-22 12-29-07.jpg

 次に堰。公園内にもありました。このあたりはもう過去下ったことのある区間に入っていたので見覚えがあるはずなんですが、こんなんあったっけなあ? 先行の元ヤンの指示で右岸ベタから下ると、中央にピンしそうなコンクリ塊が転がってました。

130922 ohashi 2013-09-22 12-42-34.jpg

 そして一番多かったのがテトラ。大雨で移動しちゃうとやっかいな存在です。終盤にえらいのがありました。遠くから視認できるしポーテージも容易なんで突っ込むことはまずないかと思いますが気をつけましょう。

130922 ohashi 2013-09-22 12-56-02.jpg

 生活改善センター前でテイクアウト。
 久しぶりに漕いだ〜って感じ。めちゃめちゃすっきりしました。みなさんありがとうございました!

130922 ohashi 2013-09-22 13-25-02.jpg

 昼食は、名物のにらそばで。

130922 ohashi 2013-09-22 14-45-13.jpg

 日帰りだと時間の制約でバタバタですが、キャンプだとその点気にしなくていいので嬉しい。奥さんのリクエストで上流部の古峰神社に行きました。

130922 ohashi 2013-09-22 15-32-51.jpg

 祭神は日本武尊ですが、中に入ると天狗さんだらけ。烏天狗、赤天狗、ねむた天狗?(川太郎命名) 天狗信仰が盛んみたいです。夕方に入り、人の少ない時間帯。静かですごく心が安らぐ。ちなみに宿泊もできるみたいですね。

 さて、日没まで間もないですが、次は黒川の下見へ向かう。翌日の行き先を考えているところに、へたっぴカヤッカーさんが「黒川がいいみたいだよ」と助言いただいたので。
 小さな峠を一つ越えると西黒川。まだ少し水が少ない。東黒川を合わせて水量倍増。これは、漕げるかも? と期待が高まっていたところに核心部と思しき瀬が登場。

130922 ohashi 2013-09-22 17-11-04.jpg

 清流園の直下にも険悪そうなんが見えます。

130922 ohashi 2013-09-22 17-13-25.jpg

 漕ぐならこのあたりかなあ。今月入ってうちの奥さんずっと体調がすぐれず、明日漕げるか微妙ですが、まあその時はまた来よう。下流にはでかそうな堰堤があり、その先は川筋が幹線道路から微妙に離れてしまい、見えなくなってしまいました。

 鹿沼市街地で買い出しして、大芦川沿いの駐車スペースでキャンプ。
椅子やらランタンやら丁寧に収納する奥さんを見て、明るくなってからでええやんと言っても、いつ降り出すか分からんしと言う。いや、降らんやろと思ってたら、はたしてがっつり降り出しました。天気図見たら、栃木にピンポイントで雨雲かかってる…。

130922 ohashi 2013-09-22 20-20-04.jpg

 今年、今回で4回キャンプしてますが、うち3回雨に降られてます。けっこう率高いなー。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 04:18| Comment(2) | 関東>大芦川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

【番外編】老犬生活

 8月末にもう一回気田川を下ったのち(まだ記事書いてませんが)、ラナさん相当しんどそうでした。食欲はあるものの、基本ぐったりでヨレヨレ。遊びっぷり、泳ぎっぷりは子供の頃から相変わらずですが、回復までの時間が徐々に長くなってる感があります。こういう姿を見るとやはり歳取ったなあと。おしっこも臭いがきつくなってて前回みたいに肝臓あたりをいわしてんのかもと思い、週末に病院に連れてってやりました。

130921lana01.jpg

 血液検査の結果は問題なしでした。ほっ。自力で快復したみたいです。よかったー。

 白内障の相談もしました。

 目薬で「進行を遅らせる」程度のことはできるらしい。ネットでいろいろ調べた結果、「Nアセチルカルノシン点眼薬」C-NACを海外から購入しました(個人輸入)。

130921lana02.jpg

 この目薬で「白内障が治る」という記事もよく見かけますが、正直半信半疑。でもまあしばらく使ってみることにします。

130921lana05.jpg

 あと、アドバイスいただいたのは、関節炎の予防もしておいたほうがいいということでした。確かにウチ、幼少からかなり激しい運動し続けてるからなー。発症リスク高いかも…。

 ということで、あわせて買ったのがこれ。

 グルグルグルグルグルコサミン

130921lana04.jpg

 いよいよ身体のケアにも気を配らなければならない時期に来たのかあ。それってつまり、別れの時期が近付いてきてるということなんでちょっと哀しい気持ちになりますね。

130921lana03.jpg

 でもいまのところもうすぐ11歳とは思えないくらいめっちゃ元気。まだまだ現役カヌー犬がんばってくださいよ!

ニックネーム ラナ父 at 18:34| Comment(0) | 【番外編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

34 保育園ママ友ファミリーキャンプ2日目(気田川3)

水位:0.19m(犬居) 気温:31℃(天竜) 天気:晴れ 区間:秋葉下社〜笹合橋(4.3km)
メンバー:Aくんファミリー、後輩1号、川太郎&川次郎



 夜明け。川太郎はハダカで寝てました。なぜ?
 夜半にけっこう降ったと思ってましたが、データ参照したら一晩で10mm程度とビミョーな雨量でした。実は支流の杉川を狙ってたんですが、本川もほとんど増えてへんし、たぶんあかんやろな…。

 ということで、今日も同じコースです。
 そういえばこの気田川、やはりメッカだけあってカヌーの数がものすごい。普段あまり見かけないダッキーもようさん並んでます。あっ、バンディットもありますやんと思ってたら、オーナーの方から話しかけていただきました。昨日は地元アウトフィッター、スプリングフィールドアウトドアクラブの方からもご挨拶いただき上湯川の情報交換などさせていただきましたが、今さらながらインターネットの威力とラナさんの知名度の高さを思い知る。あんた、すごい犬なんですね。

 1本目は私とラナ、川太郎、Aくん父子組。
 昨日沈して初泳ぎした川太郎、トラウマって何? てなくらいに朝からパワー全開で泳いでます。

130901 ketagawa 2013-09-01 9-40-51.jpg

 今日も淵で泳ぐ、泳ぐ。Aくんパパは子どもと遊ぶのがめちゃ上手。人見知りの川太郎がすっかり懐いてました。私、だいぶマシになったとはいえ、自分の子ども以外まだまだダメなんですよねー…。

130901 ketagawa 2013-09-01 10-09-01.jpg

 2本目は奥さんソロカヤックの予定でしたが、Aくんママもなんだかんだで下るらしく、リンクスIIで快速ツーリング。犬居水位計で6cmの上昇でしたが、実際かなり下りやすくなってました。私は回送役でところどころ道端から写真撮ってましたが、どことなく南紀の日置川や日高川下流域を連想させる川相。山深くて、透明度バツグン。癒されますわぁ。

130901 ketagawa 2013-09-01 11-35-28.jpg

 無事終了後は、道の駅「いっぷく処 横川」で昼食。テキトーにと考えていたら、意外や意外、まぐろがめちゃめちゃうまいですやん。ソロ行動(=おこづかい使用)のときは絶対手が出ないくらいめっちゃ高いけど…。ほおばりまくるAくんに刺激を受けて川太郎がほしい ほしいと連呼したのであげたらうまい!って…。あーあ、ついに刺身に目覚めてしまったか…。

130901 ketagawa 2013-09-01 12-42-36.jpg

 そして日曜限定「しいたけ丼」。めっさうまかったけど、あかん、また食べ過ぎた…。

130901 ketagawa 2013-09-01 12-51-34.jpg

 大和トンネルで10kmくらい渋滞につかまってしまいましたが、ピークの40kmに比べたらカスみたいなもんです。関東のダウンリバーは、多少無理してでもキャンプして、翌朝早めに帰るスタイルが絶対いいですね。

130901 ketagawa 2013-09-01 17-44-58.jpg


ニックネーム ラナ父 at 23:31| Comment(4) | 東海>気田川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする