2013年12月08日

45 丹波川、再訪(丹波川6)

水位:-0.60m(丹波山) 気温:8℃(小河内) 天気:快晴
区間:丹波山トンネル上流〜清水橋(約x.xkm) 所要時間:約2.xh メンバー:Qさん

 Qさん作成のムービー。完成度たけー。



 前回5年ぶりに下り、すっごく楽しませていただきました丹波川。早速、今週末に再訪することになりました。最近ぼっち漕ぎが多かったんですが、ご縁あって今回はQさんとご一緒させていただくことになりました。
 記憶も新しいし、頼もしい仲間もいるし、前回より気楽に下れるやろと思ってたら、えらいテクニカルで下りにくい。水位計に反映されていないので確証が持てないんですが、どうやら水量が減ってるように感じました。前回が最低水量と思ってたけど…。

131208 taba 2013-12-08 10-35-30.jpg

 核心部は、下見の結果両者パスしました。

131208 taba 2013-12-08 10-55-58.jpg

 下段からポテしましたが、ラストのドロップを越え損なってフリップ! 5年前の悪夢が脳裏をよぎりましたがプール内で無事にリカバリ。
今回も浸水はしてないみたいですが、一気に身体が冷えました。うう寒い…。

131208 taba 2013-12-08 10-59-19.jpg

 再び青梅街道沿いに戻り、少し進んだところでラナ召喚。

131208 taba 2013-12-08 11-19-19.jpg

 前回は羽根戸橋脇から入川したんですが、こっちのほうが傾斜が緩くて楽に下りられると今さら気付きました。今度からこっち使おう。

131208 taba 2013-12-08 11-19-14.jpg

 ミドルの核心部へ。
 Qさんはピンニングリスク回避のためパス。

131208 taba 2013-12-08 11-43-05.jpg

 私は前回同様下ることにしましたが、どうにも下りにくい。序盤、左岸ベタのアンダーカットにブローチングかまし、なんとか脱出したものの、その後もまったくルートを取れずグダグダでした。

131208 taba 2013-12-08 11-43-09.jpg

 核心下のドロップは、今回は左岸側から。あいかわらず、めちゃめちゃ落ちてます。ラストのナメ滝は、巻きが小さくなったように感じたんで、今回はメインルートで。

 羽根戸トンネル下流側からは、勾配ががくんと下がって癒し系。ただ水量減の影響でたまにガリガリとスタックします。ここまで減ってしまうと快適に下れるとはちょっと言い難い。

 丹波山村集落上流部の清水橋まで下って上陸。予想以上に水量少なかったですが、なんだかんだでこの川は楽しい! Qさんありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 11:55| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。