2013年12月29日

【下見編】関ノ尾滝(都城)

 約16時間の長い航海を経てようやく薩摩の地へ。
 折しも大寒波が襲来していて、兵庫丹波地方は一面銀景色だったのに、こちらはえらく暖かい。山越えもあるんでと念のため雪チェーンをわざわざ新調してきたんですが、バカみたいですねー。

 私の生まれ故郷は綾町なんですが、志布志から向かう道中になんかええとこはないかと検索したら、一件ヒットしました。

 『関之尾の滝』(大淀川水系庄内川)
 日本の滝100選 高さ18m,幅40m

 都城市内の「まるた食堂」で腹ごしらえをして、10kmほど西方へ。田園を流れる庄内川は今のところ荒々しさを微塵も見せませんが、さてこれがどう変わるのか、ちょっと楽しみです。

 遊歩道に沿って坂をおりていくと、遠くに見えてきました。おお〜、すっげえ。

 滝の上流側は、とても変わった川相でした。平べったい溶岩が畳のように川幅一面に敷き詰められていて、水がその隙間を流れています。天然の床止めみたいな感じ。これ、甌穴群らしい。なんか今まで見てきたんとイメージと違うけど。規模的には世界有数だそうな。

 ※約34万年前の加久藤火砕流に由来する溶結凝灰岩。この「加久藤火砕流溶結凝灰岩」というのはこの関ノ尾の滝以外にもあちこちで滝を形成しています

 水質はともかく、水量はそこそこあります。この上流にもまだ滝があるらしい。かなり気になるところですが、ここはぐっと堪えて今度は滝の下流側へ。
 ここには吊橋が架かっていて、滝をより様々な角度から鑑賞できますが、私の耳目はもっぱら滝の下流の川相にありました。直下に面白そうな瀬がありますが、単発モノです。これがずっと続いてたら、最高に楽しいんやろけどなあ。ちなみに、スマホのSDカードが突如死んでしまったため、写真が奥さんの撮ったこれしか残ってません…(涙)。

131229 sekinoe 2013-12-29 14-37-21.jpg


 その後、大淀川本川にある観音瀬にも立ち寄ってみました。かつて滝があった場所で、舟運のために掘削した水路とありますから、加古川の闘竜灘を想起させます。水路より、滝の名残が気になります。

 えらい狭く、最後は舗装もされていない道を辿って川沿いに出て、ようやく案内板を見つけましたが、滝なんてどこにもありません。水路すら見つからず、ただ目の前には瀞場があるだけでした。ここいらは現在、ダムのバックウォーター領域みたいですが、ひょっとして沈んでんの…?
 探す時間も残されていなかったんで、早々に引き返しました。

 綾町も大淀川流域にあります。生まれ故郷の川なんで愛着も人一倍なんですが、これまで漕ぐ機会に恵まれていません。今回の帰省でどっか下れたらいいんですけどね。


ニックネーム ラナ父 at 07:35| Comment(2) | 【下見編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪に居て高城に帰ってきました 遊び大好き男です ダッキーコロラドに乗って高岡から海を 目指そうと思ってます いつかわ高城から・・
Posted by あおや ひろふみ at 2014年06月06日 20:50
こんにちは。
コロラドで海を目指す、いいですね。大淀川は長くて大きいので、何日もかけて楽しめるのではないかと思います。
Posted by ラナ父 at 2014年06月08日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。