2013年09月01日

34 保育園ママ友ファミリーキャンプ2日目(気田川3)

水位:0.19m(犬居) 気温:31℃(天竜) 天気:晴れ 区間:秋葉下社〜笹合橋(4.3km)
メンバー:Aくんファミリー、後輩1号、川太郎&川次郎



 夜明け。川太郎はハダカで寝てました。なぜ?
 夜半にけっこう降ったと思ってましたが、データ参照したら一晩で10mm程度とビミョーな雨量でした。実は支流の杉川を狙ってたんですが、本川もほとんど増えてへんし、たぶんあかんやろな…。

 ということで、今日も同じコースです。
 そういえばこの気田川、やはりメッカだけあってカヌーの数がものすごい。普段あまり見かけないダッキーもようさん並んでます。あっ、バンディットもありますやんと思ってたら、オーナーの方から話しかけていただきました。昨日は地元アウトフィッター、スプリングフィールドアウトドアクラブの方からもご挨拶いただき上湯川の情報交換などさせていただきましたが、今さらながらインターネットの威力とラナさんの知名度の高さを思い知る。あんた、すごい犬なんですね。

 1本目は私とラナ、川太郎、Aくん父子組。
 昨日沈して初泳ぎした川太郎、トラウマって何? てなくらいに朝からパワー全開で泳いでます。

130901 ketagawa 2013-09-01 9-40-51.jpg

 今日も淵で泳ぐ、泳ぐ。Aくんパパは子どもと遊ぶのがめちゃ上手。人見知りの川太郎がすっかり懐いてました。私、だいぶマシになったとはいえ、自分の子ども以外まだまだダメなんですよねー…。

130901 ketagawa 2013-09-01 10-09-01.jpg

 2本目は奥さんソロカヤックの予定でしたが、Aくんママもなんだかんだで下るらしく、リンクスIIで快速ツーリング。犬居水位計で6cmの上昇でしたが、実際かなり下りやすくなってました。私は回送役でところどころ道端から写真撮ってましたが、どことなく南紀の日置川や日高川下流域を連想させる川相。山深くて、透明度バツグン。癒されますわぁ。

130901 ketagawa 2013-09-01 11-35-28.jpg

 無事終了後は、道の駅「いっぷく処 横川」で昼食。テキトーにと考えていたら、意外や意外、まぐろがめちゃめちゃうまいですやん。ソロ行動(=おこづかい使用)のときは絶対手が出ないくらいめっちゃ高いけど…。ほおばりまくるAくんに刺激を受けて川太郎がほしい ほしいと連呼したのであげたらうまい!って…。あーあ、ついに刺身に目覚めてしまったか…。

130901 ketagawa 2013-09-01 12-42-36.jpg

 そして日曜限定「しいたけ丼」。めっさうまかったけど、あかん、また食べ過ぎた…。

130901 ketagawa 2013-09-01 12-51-34.jpg

 大和トンネルで10kmくらい渋滞につかまってしまいましたが、ピークの40kmに比べたらカスみたいなもんです。関東のダウンリバーは、多少無理してでもキャンプして、翌朝早めに帰るスタイルが絶対いいですね。

130901 ketagawa 2013-09-01 17-44-58.jpg


ニックネーム ラナ父 at 23:31| Comment(4) | 東海>気田川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

33 保育園ママ友ファミリーキャンプ1日目(気田川2)

水位:0.13m(犬居) 気温:31℃(天竜) 天気:曇りのち雨 区間:秋葉下社〜笹合橋(4.3km)
メンバー:Aくんファミリー、後輩1号、川太郎&川次郎

 保育園のママ友達とキャンプで、またも気田川へ。

 Aくんはとても人懐っこい人柄で、うちの川太郎が4月にいまの保育園に転入した際、はじめてのおともだちになってくれました。そのご縁で御宅にもお邪魔させてもらったこともあるんですが、例によって初対面の相手にも川の魅力を語るくらいしか引き出しのない私の話にパパさんが食いついてくれ、今回のイベントとなりました。

 打ち合わせ段階では長瀞が最有力でしたが、夏休みの気田川の印象がすごくよかったんで時を置かずに再訪することに。台風の影響で天気予報は午後から雨でしたが、降雨量自体は大したことなさそうなので決行しました。

 1本目は私とラナ、川太郎、川次郎にAくん父子にて。

130831 ketagawa 2013-08-31 12-35-10.jpg

 川太郎さん、生まれて初めての沈を経験。流される練習は何度もやってましたが、やはり怖かったらしい。しばらくテンパってましたが、しだいに落ち着きを取り戻し、笑顔で下りきりました。心折れんでよかったですわ。

130831 ketagawa 2013-08-31 12-44-37.jpg

 1本目終了後からパラパラと降り出す。2本目は、嫁さんとAくんのパパ・ママのみの編成。

130831 ketagawa 2013-08-31 15-29-42.jpg

 私はラナとガキンチョ3名とお留守番。子供たちと魚獲りに夢中になってふと周りを見渡すとあれ? ラナがいなくなってる…。川下り組はだいぶ前に出立したはずなのに。
 どうやら諦めずに隙を窺っていたみたい。してやられました。

130831 ketagawa 2013-08-31 15-52-51.jpg

 晩は、秋葉神社下社の川原でキャンプ。といっても実際は門前屋旅館さんの管理する屋根付き宴会場の下でした。天気予報が雨だったので事前に奥さんが手配してたらしい。しかも料金は格安の¥500 という。すばらしい手腕です。
 われわれファミリーはテントも張らずにそのまま雑魚寝。ヤブ蚊に悩まされることなく、アリもいない。めっちゃ快適です。よく手入れされてるなと感心しました。


ニックネーム ラナ父 at 22:20| Comment(0) | 東海>気田川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

32 夏休み最終 11年ぶりに(気田川1)

水位:0.14m(犬居) 気温:32℃(天竜) 天気:快晴 区間:秋葉下社〜笹合橋(4.3km)
メンバー:後輩1号、川太郎&川次郎



 本日土曜日は関東への移動日でしたが、単なる移動だけではもったいない。道中どこか寄り道して漕ぎたい。それが、家族みんなで漕げて、さらに漕いだことのない川なら最高です。

 ちなみに今年の夏は、新しい川をなかなか下れてません。基本的に降雨が少ない(利根川水系で19年ぶりに10%取水制限)。降っても、いわゆるゲリラ豪雨で、休日とタイミングが合わないなどなど。夏休み中も相変わらずのド渇水続きで、候補がなかなか見つからず悶々としていたところに一筋の閃きが。

 気田川。

 過去遡ること11年前に一度だけ下ったことがありましたが、当時ラナはまだこの世に生を受けておりませんでした。

020803ketagawa03.jpg

 現在、新名神も開通してアクセスもよくなってるんで、超ひさしぶりに行ってみるのもいいかもしんまい。

 というわけで3時半に兵庫三田を出て浜北の地へ。11年前はたしか、秋葉神社下社から天竜川出合近くまで下ったんでした。まずはと秋葉橋から上流に向かいましたが、なんか、周りはコンクリ護岸だらけでイメージと違う…。結局、前回のショートカット版的に、約4km下流の笹合橋をゴールに設定しました。

 下って感じたこと。

 ■たぶん最低水量だと思われますが、何とか下れる。

 ■11年前より、キレイになった気がします。慢性的に笹濁りなイメージでしたが、かなりキレイ。

 ■もともとこんな川相かもしれませんが、堆砂でメリハリが薄い。

 ■水温は、ややぬるめで個人的にはちょうどいい。泳ぐのが気持ちいい。

 ■魚影はかなり濃くて、鮎もよく跳ねてますが、サイズは小さい。

 ■釣り竿多数ですが、親切でした。慣れてはるんですかね?

 釣り竿のない場所ではフネから下りて泳ぎまくり。水深も流速も子どもが遊ぶのにちょうどいい場所が多くって、ガキンチョ連れて川遊びするには全国的に見てもかなりいい場所なんではないでしょうか。
 うちの奥さんもえらく気に入ったみたいで、そのおかげかどうかは分かりませんが、回送は、奥さんがランニングがてらやってくれました。

130817 ketagawa 2013-08-17 10-38-42.jpg

 予定どおり午前中に下り終えて、混む前に帰るつもりでしたが、新東名乗った時点ですでに大和トンネル30km渋滞…。急遽予定を変更して、新清水ICで下りて、昨年下見してた富士川水系福士川でキャンプしました。そういやこの夏休み、テント持ってきたのに一度も使ってなかった…。

DSC_0291.jpg

 こうして今年の夏休みは終了。

 9連休のうち、漕いだ日数は5日。
 うち3日はファミリーカヤックと、なんかずいぶんとスタイルが変わってきましたなあ。

 8/10 大歩危 with KYOKOさん

 8/11 仁淀川ファミリーカヤック

 8/12 小歩危 with NKC and にこちゃん

 8/15 ナラヨシファミリーカヤック

 8/17 気田川ファミリーカヤック

 初めての川は、ラナが1本(気田川)だけ。今年の漕破本数は、わたしが11本、ラナさん13本。まだまだ雨降りそうにないんで、今月中の更新は難しいかなぁ。9月〜11月の降雨に期待したいところです。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:36| Comment(0) | 東海>気田川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする