2013年11月03日

43 小国荒川 赤芝峡を下る(小国荒川1◆146本目)

水位:1.55m(小渡) 気温:6℃(小国) 天気:曇り
区間:小渡橋下流〜向大沢橋(約3.3km) 勾配:5.15‰(122m→105m)
所要時間:30分 メンバー:ソロ

 ◆ムービー作成中!

 朝6時。体調は良好ですが、天候が…。天気予報では雨降らないって言ってたのに…。気温も、昨日より若干マシとはいえ、6℃とフルドライなしの身にはつらい。
 昨日オグタマ下らせてもらった面々とは昨夕時点で別れてましたので、今日はいつものぼっち漕ぎです。澄み渡る秋晴れの下、賑やかだった昨日とは対照的。夕方門限ですが、なるべく早く帰りたいのと、三連休の大渋滞回避のためにも、最終でも11時までにはクルマを出したい。となると、9時には回送を済ませた上で漕ぎ出したいんですが、きっとまだ寒いんやろなあ…。

 まったくテンション上がらないまま、横根トンネル下流の赤芝峡第2駐車場にクルマを停めて車内で着替え。開いた運転席のドアの隙間から流れてくる冷たい風に触れ、ああやっぱムリかもと逡巡してましたが、そう簡単に来れるところちゃうし、と意を決して徒歩回送スタート。
 本日の漕行区間のメインはここ荒川 赤芝峡です。

 荒川は、山形県の南大朝日岳(標高1,870m)を水源とし、山間部を南西に流れて小国盆地にて流向を西に転じ、横川、玉川等の支流を合わせて新潟県に入り、山間狭窄部を流下しながら大石川、女川、鍬江沢川等をそれぞれ合わせ、新潟平野の北側を横断して胎内市にて日本海に注ぐ荒川水系の一級河川(本川)です(幹川流路延長73km,流域面積1,150km)。

131103 akashiba 2013-11-02 16-13-00.jpg

 4年前は、あまりの渇水で漕ぐ機会に恵まれませんでした。かつて周辺の支川も含めいろいろ調べてましたが、4年の月日が経つ間にすっかり忘却の彼方。インとアウトの記憶すら怪しい。そんな時、コース設定にすごく活用させてもらったのがソラさん作成の「川地図」でした。ありがとうございました〜!

 プットイン候補は、昨日時点では赤芝橋で考えてましたが、ちょっと距離が短すぎるし、いきなり核心というのも心の準備というものがありますし。とくにゴルジュの入口、旧橋梁が沈んでてストレーナーになってんですよね。

131103 akashiba 2013-11-02 16-12-33.jpg

 ということで、最終的に赤芝橋からひとつ上流の小渡橋に決めました。

 スタートは、8時55分ごろ。幸い、雨は止んでくれてました。
 そこそこの瀬が連続し、ちょうどいいウォーミングアップになりました。

131103 akashiba 2013-11-03 8-58-32(1).jpg

 覚悟もできたところでメインのゴルジュ帯に突入。
 事前に下見済みといってもやっぱり緊張します。

131103 akashiba 2013-11-03 9-07-00(1).jpg

131103 akashiba 2013-11-03 9-07-00(2).jpg

131103 akashiba 2013-11-03 9-08-00(1).jpg

131103 akashiba 2013-11-03 9-44-00.jpg

作成中

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 02:29| Comment(2) | 東北>小国荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする