2013年12月31日

47-2 漕ぎ納めは11年ぶりの思い出の地で(球磨川1)

水位:-1.18m(柳瀬) 気温:9℃(人吉) 天気:快晴
区間:一勝地駅〜球泉洞駅(約5.2km) 勾配:xx.xx‰(xxxm→xxxm) 所要時間:45分
メンバー:後輩1号&川太郎&川次郎(回送)

作成中

 1998年3月

9803shimant36.jpg

 2002年3月

FH010002.jpg

 んで今回。ささっと片付けて、着の身着のまま一路球磨川へ。
 ここも時間的にフルコースでは下れないんで絞る必要がありますが、どこにしようかかなり迷いました。川相がもはやほとんど記憶にありません。二俣の瀬のウェーブがちょっとでかかったくらいかなあ。
 ダウンリバー終了後は球泉洞に向かう予定だったんで、最終的にテイクアウトは球泉洞、プットインは二又の瀬が下れる一勝地に設定しました。

 川辺川同様、ここにもまるで人の気配がありません。まあ、そらそやろな。大晦日やし。漕ぎ始めてまもなく、目玉が描かれた岩がありました。なんか、昭和っぽいなあ。
 オットセイ?

131231 kumagawa 2013-12-31 11-53-08.jpg

 いやまさか、オットセイは川におらんしな。なんやろ?

 あとで調べたら「モスラ岩」だそうな。マジかい。想定外のイマジネーションやん。

 さらに驚くべきは、11年前も写真撮ってたのに、まったく覚えていなかったという事実。

FH010006.jpg


131231 kumagawa 2013-12-31 12-06-06.jpg

131231 kumagawa 2013-12-31 12-06-07.jpg

131231 kumagawa 2013-12-31 12-14-24.jpg

131231 kumagawa 2013-12-31 12-29-02.jpg

131231 kumagawa 2013-12-31 12-36-07.jpg

131231 kumagawa 2013-12-31 12-44-56.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 08:08| Comment(0) | 九州>球磨川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする